カテゴリー別アーカイブ: 現役探偵のつぶやき

「令和」は探偵にとってどんな時代に?

先日、新元号の発表があり、「令和」に決定した。

 

はじめは、しっくり来なかったが、次第に聞き慣れてきて、なかなかいい響きだと感じ始めている自分がいる。

 

あと1ヵ月弱で「令和」元年がスタートするが、探偵業界に取ってはどんな年になるのか、推測してみた。

 

 

1.資格制が導入される

 

平成19年(2007年)6月に探偵業法が施行され、公安委員会への届出が義務化されたが、これは資格ではない。

現状、一部の条件に抵触する者を除いて、誰でも探偵業を経営する事ができるのだ。

これは、素人探偵が乱立することを意味する。

この状況は、探偵業界に取っても、依頼者に取ってもデメリットでしかない。

資格制になることで、一定レベル以上のスキル保有者しか、探偵業に従事できなくなる。

また、捜査令状のようなものが発行され、探偵にも特別な権限が与えられる。

 

 

2.調査機材がさらに性能アップ

 

十数年前と比べると、調査機材は格段に性能がアップした。

 

まだ、ブラウン管テレビが主流だった時代、カメラの性能もたかが知れていたものだ。

今になって思い起こすと、よくこんな機材で証拠を取ってきたものだと、あの時の自分を褒めてあげたくもなる。

 

今後はさらに小型化されたカメラにズーム機能搭載され、暗所撮影も容易になってくるだろう。

バッテリーも小型化され、10日間持続するものが一般的になる。

GPSも映画のように、小指の爪より小さいものが登場するであろう。

 

 

3.探偵のグレーなイメージが払拭される

 

今だ、探偵業界にはグレーなイメージがついて回り、依頼者は不安の中、依頼することも多い状況である。

これは探偵業に対する法整備が不十分だからである。

今後、法整備もさらに進み、テレビCMや電車広告で、「探偵」という文字が目に飛び込んでくるだろう。

 

パチンコ店は一昔前までは、胡散臭いイメージだった。

それが、今はどうだろう?

きれいな店舗と丁寧な接客応対のスタッフ、そしてテレビCMもよく目にする。

 

消費者金融もしかり。

子犬や芸能人を使用したCMが日々流れ、都市銀行の傘下となり、昔のような胡散臭さは今はない。

 

 

探偵業界にも、そんな時代が到来するであろう。

フジテレビ「探偵キング」の番組に出演

先日、フジテレビの「探偵キング」という番組が放送されました。

あるお題を与えられ、その人物を探すことができるかという、探偵vs探偵の人探しの対決番組なのですが、僕の師匠の師匠に当たる青木ちなつ探偵事務所の青木さんの助っ人として、その番組に出演させて頂きました。

 

『ナニワの人情探偵vs東京の富裕層人脈探偵』

 

ロケはハードでしたが、とても貴重な経験でした。

収録の時、フジテレビの久慈暁子アナウンサーと写真を撮らせて頂きました(^^)

とてもきれいなアナウンサーですね。

ずっと、めざましテレビ見ています(^^)

おかげで早起きができ、まさに「三文の徳」ですね。

 

青木さん、スタッフの皆様ありがとうございました。

社名に込めた想い

アーチネクストを立ち上げた当初、信念としたい想いがあった。

 

「依頼者様の次のステージへの架け橋となりたい」

 

-質の高い証拠写真への飽くことなき執着心-
調査機材への惜しみない投資、調査スキルの向上を軸とした調査員の育成。

-依頼者様目線の心ある対応を-
利益主義では必ず淘汰してしまう。
依頼者様が何を求めているのか、どうすることが最適なのかを考え抜き、無駄を省いた最適な調査プランを提案し続けること。

 

その想いは、今でもまだ色褪せない。

 

他社探偵社だけでなく弁護士にも、自己都合しか考えない者がたくさんいる。
表向きは「依頼者のために」と正義を振りかざす一方で、
実際にやっていることは、矛盾だらけ。
依頼者様の気持ちは置き去りだ。

フランチャイズの加盟の問い合わせも同様だ。
「探偵は儲かりそうだから、やってみたい」
そんな思いに満ち溢れた、心の浅い人間にはうんざりだ。
経営を続けることが、どれだけ大変なことか。
どれだけ加盟金を積まれても、そんな人物とは、僕は一切関わらない。

 

不器用でもいい。
真っすぐにやっていれば、必ずどこかで誰かが見てくれている。

 

だから僕は信念を曲げず、今日も調査に全力を注ぐ。